岡田将生ってなんであんなにかっこいいの?

岡田将生の顔がすっごくタイプ。
マジで理想の王子様。背が高いのに甘めの顔っていうのがイイ。しかも、ちょっとしゃくれなのがたまらん。意外と演技も上手な気がするし。
後は、松坂桃李も好き。めっちゃイケメン。前にドラマでメガネかけてたけど、それがすごい似合ってて好きだった。暗そうなのが垣間見えるのもイイ。そして何よりエロい。色気がある。若手俳優で1番色気があると言っても過言ではない。
それから、柳楽優弥も捨てがたい。一時期低迷してた時もあったけど、見事に大復活。本当に演技上手で、ドラマ見てたら引き込まれる。あの鋭い眼光がたまらない。演技の幅が広い。奥さんカワイイし、あの若さでパパっていうのもイイ。

でもさ、絶対彼は淫夢厨だと思うんだよね!
http://www.desapegaadri.com/

3人が出てたゆとりですが何かっていうドラマが、未だに私の中のナンバーワン。あんなに好きな俳優が主演級で出てたドラマは他にないし、これからも難しいと思う。3人ともイケメンで本当に目の保養になったし、録画してるから疲れた時に見返して、イケメンオーラを吸収して癒される。

昨日のイッテQおもしろかった!

“ウッチャンナンチャンの内村さん大好き!
きっかけは「世界の果てまでイッテQ!」。これで司会で出ていて、ゲストがすべりそうになったらちゃんとフォローを考えてくれて頼りになる。しかも、その返しを面白可笑しくまとめてくれる!これは、頭の回転が早くないと本当に出来ないことだと思う。
また、自分もイヤだイヤだといいながらも頼まれた仕事の依頼はきちんとこなすし見ていてあきがこない。また、そこから努力を惜しまない感じがとっても人としても尊敬できる。やると決めた事は全力でやりきっている感じが、すごく好感をもてる。
一番、好きなのはヘルメットおじさん!独特の切り返しで若い人に負けずに立ち向かってる姿がとってもカッコいい!惚れてしまう!
ヘルメットおじさんブラックも、最初はなんかとにかくやけくそ気味なところが見ていて笑えた。心の内はそれこそ、分かりやすくさらけだしてるので面白いし見ていて楽しい。毎週のイッテQ!楽しみにしてます!これからも内村愛は続きそう!頑張って!!

失敗したのはずっとあって。

失敗はしないとも限らないですけど、全部人間ドラマです。原因なんか人ですよ。座ったら自分の幅ってあるのに、そうじゃないみたいな人もいますし、全然違う感覚で言ってるんだろうなって人もいますよね。本人達がこう座ってやってるところで貶めるようなことを言える人もいるんですよね。多分考えて喋ってるんだと思うんですけど、革命ですよね。考えて貶めたり嫌なことを言ってみたり、相当考えて言えちゃってるんだなと思いますけどね。ただ疲れは尋常じゃないんでしょうね。ぼーっとしてたら酷いことなんて言えたりしますか。面倒くさかったらほっときますけど、友達でもないのに絡まれたりすればマイナスですよね。その事故みたいな一瞬ですよ。いなきゃいなかった人もいますし、会わなきゃ会わないわけですよその交流の後も。個人が苦がなく楽したいんです。本来そうですよね。個人の幅なんですけど、能力でも言えますけどね、そうなってるのが能力を使う人が幅をとってたとしたら。大体は一人でぼーっとしたいんです、疲れとか変だなと思って。じゃなきゃ神経でもダメにされますか。痛むじゃないですか。痛くてもいい能力の方向なんですかねそれでいいって言う人もいれば。兎角自分の幅なはずなのに他人事の疲れがある感じなので、解消したいんですよ。

安易にアンケート類の仕事に手が出せないと感じる

アンケート類の仕事をやっていて気が付いたのですが、簡単で直ぐに出来るからと記事数稼ぎのつもりがミスをして間違った事をやってしまった場合、承認率を落とす結果に繋がりかねないと近頃思います。
簡単に説明すれば、別の日にも同じ案件を同じクライアントが出したとして、それに回答しても良いのかどうか迷うからです。
だって、一回しか回答が出来ないとか表示されていたら、別の日に同じクライアントが出す同じ案件には手が出し難いです。
とはいえ、案件に答える事は出来る様な仕様なので、もう一度回答しても良いのかどうか私には選択出来ません。
故に、一度回答したアンケートと同じ物には基本的には手を出さない様にしています。
これが、検索系のサイトやURLをコピーして貼り付けるだけという仕事ならば、同じ案件の同じクライアントがだした仕事には何度でも挑戦する事が出来ます。
アンケート類の仕事も、そうであったならば嬉しいのですが、もし一度限りというのならば同じ案件の仕事をしたとして全て非表示となるわけです。
それは正直に言ってしまえば、困ります。
という事で、そこの所をハッキリとさせて欲しいと今更の様に思ったのです。
折角回答したのに、簡単な案件故に非承認にされるのではと不安に思ってしまいます。

最近入った合唱団のサークル話。っg

今年の9月に合唱団に入団しました。
初めは体験で参加しました。
中学校の卒業式に歌った「大地讃頌」を歌って、卒業式の時には「この歌はもう歌う事はないんだろうな」って思ってましたが、歌える日がまたやってくるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。

何故僕が合唱団に入ろうと思ったのかと言うと、昔バンドをやっていて、イエローモンキーのコピーバンドをやってた事がありました。
僕はベースを担当していました。
音楽をやっていた事もあり、大好きだったからです。

でもバンドなのに何で合唱団に入ったかと言うとバンドを組む事が社会人になってからないと感じたからです。
Hard offにベースを買い取って貰い、それからはオーディオから聴くのが専門になりました。

ある日、仕事と自宅の往復の繰り返しで生き抜く場所がなくて、ネットでサークルや習い事がないかと探していたら、合唱団のホームページを見つけてやって見たいと思いました。
バンドを組んだ経験や、バンドスコアの楽譜を何度も見てきた僕は音楽でもジャンルは違っても自身がありましたが、いざ体験に行って見ると声色が違い皆さんがとてもキレイな歌声でビックリしました。

この体験から入団して練習がある日は極力出る様にしました。
参加する度に皆の顔と名前を覚えて合唱団が大好きになりました。

親睦会、忘年会などがありとても楽しい日々を送っています。
今でも自分の癒しの空間です。

今日は主人の会社の忘年会

今夜は主人の会社で忘年会があります。
主人はそれに出席する予定なので、夕飯は子供と私だけになります。

主人が不在の時は、あまり手の込んだ料理をしません。
いやいや、子供も大切なので、手料理を食べてもらいたいとは思いますよ。でもね。毎日毎日頑張って手料理っていうのも大変なのです。
ちょっとは楽をしたいのです。愛情が減ってしまったわけではありませんよ。
なので、今夜はお惣菜を買って、それで済ませようかと思っています。

子どもと一緒にスーパーへ行き、お惣菜コーナーへ直行!
目の前には、美味しそうなから揚げや天ぷらやサラダが沢山!
さぁ、どれにしようかな?

まず、子供が手に取ったのはからあげ!
から揚げの人気は、今も昔も不動のもののようです。
次に手に取ったのはミートボール?いや、甘酢あんかけです。これもまた子供に人気のおかずです。
でも、そのままでは野菜が不足しそうなので横から一言「お野菜も食べるように」と声をかけます。
お惣菜コーナーに、里芋やニンジンの煮物があるのですが、それらは無視。茶色い煮物は、あまり子供に人気がないようです。
そして子供は「じゃ、野菜コーナーでトマト取ってくる!」と言って駆けて行きました。

そして、トマトを片手にもって、もう片手にも何かを持ってきています。
「何もってきたの?」と聞くと「チキンラーメン!」と満面の笑み!
なんて安上がりなんだろう。とホッコリしてしまいました。

チラシ配りの仕事中に目の前を通りすぎたおばあさんのお話

とある土曜日のことでした。
その日は晴れていて、私はお店の入口前の小さな歩道で、朝から集客のためのチラシ配りをしていました。
そんなときに出会ったおばあさんのエピソードです。

おばあさんに出会ったのは、夕方頃のことです。
やはりチラシだけということもあり、「本日、セールやってます。」と声をかけながら配っていたのですが、断る人が多かったのですが、ふと手元の雑誌を真剣に見ながら歩いているおばあさんが目に入りました。
二人が横に並んで歩けるかどうかくらいの歩道で、通りかかるすべての人にチラシを配っていました。
おばあさんが目の前に来たとき、チラシを差し出しましたが、私に気がつかなかったのか、無反応で通りすぎました。
視界に入った時から、何をそんなに真剣に見ているのか気になっていた私は、通りすぎる直前におばあさんの手元を見ました。

見た瞬間、私は色々な読者がいるんだな、と少し感心しました。
おばあさんが見ていたものとは、グラマーな女性が水着を来てポーズをとっている成人男性向けの雑誌でした。

仕事が終わって、この一連の出来事を思い出すと、若い頃を思い出していたのかな、とか、何かの練習なのかな、等勝手に想像しています。
答えはおばあさんしか知らないのですが、何かを真剣にしようとする姿を想像すると可愛く思え、くすりと笑えました。

昨日起こった電球カバー破損事件で皆に爆笑されました

私は利用者の方のグループホームの支援員をしております。以前世話人の方から「電球がつかなくなったので取り替えてほしい」との要望があり、ホームセンターへ行き40kの電球を買って来ました。
その後、意気揚々とグループホームに向かいました。
利用者の方達が沢山いる中で、「ごめんね、届かないからちょっと机に登るね」と一言断りを入れてから机に登り、大きなカバーを外そうとしていました。
そのカバーは安い感じの物で、力を入れ過ぎるとペコッとへっこんでしまいそうだったので、慎重に作業を行いました。
何とかカバーを外し電球を替え、カバーを元に戻せばおしまいという所まできて、なかなかカバーがはまりません。
何とかはめようと思いますがはまらず、思わず力を入れてしまった瞬間ベコッという鈍い音がしました。後ろで利用者の「あっ」という声がしましたが、ここで利用者を不安にさせてはダメだと思い平然を装いました。
利用者に「ちょっと事務所まで行ってくるね」と言い、大きなカバーを持ったまま事務所まで戻りました。
事務所に入った瞬間皆に爆笑されました。
当たり前ですよね。急にボコボコにへっこんだ大きなカバーを持った人が駆け込んで来たんですから。
私めた笑ってしまいました。
結局カバーはもう使えないという事で廃棄される事となりました。

私の日常生活。そして、楽しいクリスマスケーキ。

外か、あいにく不本意ながら、とても寒いのです。今日は、12月25日です。クリスマスです。私は、クリスマスケーキを、楽しく想像をしていました。何らかの楽しみを、私自身で見つけ出しまして、心の中を明るくしようとしていました。

ですが、悲しいながら、不本意ながら、外の社会は、とても厳しいものになってしまっていました。このようなときに、クラウドソーシングを始めようと思いまして、このクラウドワークスのサイトを喜びながら、開きましても、私が自称得意としていますジャンルの募集は、とても少なくなってしまっていました。

私は、悲しみを堪えました。そして、無い知恵を絞りました。なんとか、どうにかこうにか、頭を使いまして、文章を作成をしていきました。こちらのパソコンでは、原則、一人当たりの使用時間の制限が、あってしまいました。私は、良い人です。その使用制限を守ろうと思いまして、クラウドワークスのサイトを閉じました。

気分が、のってきましたところで、作業の中断は、私にしましたならば、辛いものでした。ですが、気持ちを切り換えていきました。私は、善良な心を持っているのです。そして、残り時間数分のところで、新しい記事を作成しますことは、やめておきました。

私の日常。ある12月のある日。

私の日常生活のひとこまを、書いていきます。今年も、12月になりました。お外は、残念ながら、寒いのです。大好きになってしまった温かい素材のコートを、1枚着まして、防寒対策をしています。冷えは、私の、いいえ、私だけではなくて、すべての女性の怖い敵なのです。

今日は、悲しいながら、本当は喜ぶことかもしれませんが、年末年始のアルバイトの2日目です。そして、世間では、楽しいクリスマスです。とても楽しい日に、本当はしたかったのでした。そして、現実は、仕事、シフトが入ってしまいました。

私は、彼氏と二人で仲良く、今日もとても熱い日々を過ごしたかったのでした。そして、現実を、まっすぐに見ることにしまして、電車に乗りました。大好きな温かいブラックコーヒーで、私は、私自身を励まし慰めていました。

アルバイトは、午後からです。ですから、それまでの時間は、誰もが無料で使うことのできます公共施設へ行きました。そして、これもまたまた、誰もが無料で使うことのできますパソコンをお借りしまして、今年からの楽しみとなりましたクラウドソーシングを、気持ちを切り換えまして、始めていきました。

やはり、悲しいながら、外の社会は、不本意ながら厳しいものです。私と私の彼氏の中だけは、温かいものです。